• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

救世済民の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

世の中を救い、人々を苦しみから助けること。▽「救世」は悪い世の中を救ってよいほうに導くこと。特に宗教の力で、この世の苦しみから人々を救うこと。「済民」は人民の難儀を救うこと。「済」も救う、救助する意。
用例
救世済民の志を抱き、国事に尽したいと希望しながら、<下村湖人・論語物語>
類語
経世済民けいせいさいみん

救世済民の解説 - 学研 四字熟語辞典

悪い世の中をよくし、人々を苦しみや悩みから救うこと。
注記
「救世」は、悪い世の中をよくすること。「済」は、救済することで、「済民」は、人々を苦しみや悩みなどから救うこと。「世を救すくい、民たみを済すくう」と読み下す。
表記
「済民」を「斉民」と書きちがえない。
類語
経世済民けいせいさいみん
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。