• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良・平安時代、危急に備えて、諸国で正税稲の一部をさいて備蓄した稲。国司が毎年出挙 (すいこ) してその地子 (じし) 稲を救急にあてる。救急料稲。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉