• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉前期の仏教書。親鸞 (しんらん) 撰。6巻。広く経典や解釈論の中から念仏往生の要文を抜粋・編集し、浄土真宗の教義を組織体系化した書。すべてを阿弥陀仏回向 (えこう) の働きと捉え、信心に中心を置いて説く。顕浄土真実教行証文類。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉