[名](スル)
  1. あたり一面にちらばること。散り乱れること。「ビールの空缶が散乱する」

  1. 波動や粒子線などが凹凸のある面や微粒子に当たって、いろいろな方向に進路を変えること。

  1. 仏語。煩悩のために心が乱れて不安定であること。対象(六境)に心を奪われて一時も落ち着かないこと。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫