相手をうやまって、自分がへりくだること。「敬譲の精神」