1. 元結などにする、つやのある白い紙。

  1. 文七元結」の略。また、それを作る職人。

  1. 《大坂の侠客 (きょうかく) 雁金文七の人形に用いられたところから》文楽人形の首 (かしら) の一。「絵本太功記」の光秀、「菅原伝授手習鑑」の松王丸など、悲劇の主人公に使われる。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉