作文 (さくもん) の会で、詩文を作るために召された人。また、特に文章生 (もんじょうしょう) をいう。

「はかせ、―等召して文つくらせ」〈宇津保・菊の宴〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫