• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

学問・芸術など文化の向上・発展に多大な貢献をなした人に授与される勲章。昭和12年(1937)に制定。橘 (たちばな) 勾玉 (まがたま) を配した形で、綬 (じゅ) (リボン)は淡紫色。受章者は原則として文化功労者の中から選考される。