• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

文字寸半の解説 - 小学館 大辞泉

《「文字」は一文銭の表に書かれた字。「きなか」は一文銭の直径1寸の半分の意》少しばかりの金。また、わずかなもの。一文半銭。

「人様の物―、盗もと思ふ気は出さぬわい」〈浄・伊賀越

[四字熟語]カテゴリの言葉

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。