《「ふみぐら」を音読みにした語》

  1. 書物や古文書などを入れておく倉庫。ふみぐら。書庫。

  1. 収集されてまとまった蔵書。また、ある目的で集められたひとまとまりの蔵書。「学級―」

  1. 書籍や紙筆など手回り品を入れておく小箱。文匣 (ぶんこう) 。手文庫。

  1. 叢書シリーズなどにつける名。「学習―」

  1. 文庫本」の略。

文芸雑誌。明治28年(1895)8月創刊、明治43年(1910)8月廃刊。山県悌三郎主宰の投書雑誌「少年文庫」を前身とし、河井酔茗伊良子清白横瀬夜雨ら文庫派とよばれる多くの詩人を育成。

出典:青空文庫