[名・形動]学問や芸事にばかりふけっていて弱々しいこと。また、そのさま。「文弱な(の)息子を案じる」

出典:青空文庫