• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 暗くて物の模様や区別がはっきりしないさま。

    1. 「―◦ぬ暗の夜なれば、ここを何処としるよしなけれど」〈逍遥当世書生気質

  1. 物事の分別がつかないさま。

    1. 「あらはれていとど浅くも見ゆるかな―◦ず泣かれける音 (ね) の」〈・蛍〉