• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ふみずもう」とも》狂言。新しく雇った男の得意芸が相撲と聞いた大名が、自ら相手をして負けてしまう。大名は相撲の書を読んで再戦するが、また負けてしまい、腹いせに太郎冠者 (かじゃ) を打ち転がす。