• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。主人に恋文を持たされた太郎冠者と次郎冠者が、竹に結びつけて担いでいくうちに、文を読もうと争い、破ってしまう。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉