• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。太郎冠者が主人の伯父の家でごちそうになった温糟粥 (うんぞうがゆ) の名を失念し、主人に長々と「源平盛衰記」の石橋山合戦を語らせて、その中の文蔵の名でやっと思い出す。