地の色と違った色がまだらにまじっていること。また、そのもの。植物では葉・花びらなどにみられる。