• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)(梵)dhūtaの訳。音字は頭陀》仏語。
  1. 衣食住に対する欲望をはらいのけ、身心を清浄にすること。また、その修行。とすう。

  1. 雑念をはらって心を一つに集めること。

    1. 「いよいよ精神を―して」〈露件・連環記〉