• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

斗酒百篇の解説 - 学研 四字熟語辞典

大いに酒を飲みながら、たくさんの詩歌を作ること。
注記
「斗酒」は、一斗の酒。また、多量の酒。「百」は、多いこと。「篇」は、当時、文字を書きつけた竹の札。転じて詩歌、詩文のこと。
表記
「篇」を「編」「遍」などと書きちがえない。
故事
中国唐の時代、詩人杜甫とほは、敬愛する詩人李白りはくのことを、大いに酒を飲んで大いに詩歌を作ったと評した。
出典
杜甫とほ「飲中八仙歌いんちゅうはっせんか
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。