• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

斗酒隻鶏の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一斗の酒と一羽の鶏。転じて、亡き友人を哀悼し述懐すること。▽「斗酒」は一斗の酒。「隻」は鳥を数える単位。昔、一斗の酒と一羽の鶏は死者を祭るのに用いたもので、もと、魏の曹操そうそうが友人の橋玄きょうげんの墓を祭ったときに作った文にこの語を用いたことから。
出典
『後漢書ごかんじょ』橋玄伝きょうげんでん
句例
斗酒隻鶏の思いにくれる

[人生の節目で/故人を悼む]カテゴリの四字熟語