• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

料事如神の解説 - 学研 四字熟語辞典

先のことを見通す眼力をそなえていること。
注記
「料事」は、事を推測する。物事のなりゆきを予測することが、神のようにすぐれている意から。「事ことを料はかること神かみの如ごとし」と読み下す。
出典
『明史みんし』劉基りゅうき
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。