[動ラ五(四)]《「理る」と同語源》
  1. あらかじめ知らせておいて了解を得る。許しを得る。「本題に入る前に―・っておく」「―・って早退する」

  1. 相手の申し出などに応じられないことを告げる。拒絶する。辞退する。「誘いを―・る」「借金を―・られる」

  1. 念のために言う。「周知の事実だから、ここに―・るまでもないことだが」

  1. 契約や雇用などの関係をうち切る。「今月限りで取り引きを―・る」「定期購読を―・る」

[可能]ことわれる
[用法]ことわる・[用法]こばむ――「要求を断る(拒む)」「申し出を断る(拒む)」など、応じない・辞退するの意では相通じて用いられる。◇「拒む」は、威圧的・強制的な要求や申し出などを辞退することで、「出席を拒む」といえば、出席せよという命令を拒否する意になる。◇口頭語では一般に「断る」を多く使い、「せっかくだけど断るよ」「お断りします」のようにいう。◇「断っておくが、私は反対です」のように、あらかじめ知らせておくの意は、「拒む」にはない。また、「土砂崩れが行く手を拒む」のような、さまたげるの意は「断る」にはない。

出典:青空文庫

出典:gooニュース