• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

永井荷風が大正5年(1916)から大正7年(1918)にかけて住んだ、新宿区余丁町 (よちょうまち) の家。庭に断腸花(シュウカイドウ)が植えてあったことに由来する名称。

[補説]荷風はこの家で、大正6年(1917)に、日記「断腸亭日乗」を書き始めた。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉