• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白居易の詩句「三五夜中新月色」の「新月」の訓読から》鮮やかな光を放つ月。特に、中秋の名月。

「今宵 (こよひ) の―の色には、げになほ我が世のほかまでこそ、よろづ思ひ流さるれ」〈・鈴虫〉