• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(ドイツ)Neukantianerカント批判哲学の復興を目指した哲学の一派。19世紀後半、ドイツでリープマンの「カントに帰れ」の呼びかけに始まった。認識批判を主要課題としながらも、論理主義的な方向をとったマールブルク学派コーエンナトルプカッシーラーら)と、価値論的な方向をとった西南ドイツ学派ウィンデルバルトリッケルトら)がある。→カント学派

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉