• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正岡子規の没後、大須賀乙字 (おおすがおつじ) の論文「新俳句界の新傾向」に端を発し、河東碧梧桐 (かわひがしへきごとう) らが明治40年代に流行させた俳句。定型を破り、季題趣味から脱して、生活的、心理描写的なものを追求。のち、自由律俳句へと展開。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉