• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天皇が新穀を天神地祇 (ちぎ) に供え、みずからもそれを食する祭儀。古くは陰暦11月の中の卯 (う) の日、明治6年(1873)以降は11月23日と定めて祭日としたが、昭和23年(1948)からは「勤労感謝の日」となり、国民の祝日となっている。にいなめさい。 冬》

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語