• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 新しい表現・意見。

    1. 「いずれも明光と―と空想とに酔えるがごとくなりき」〈藤村・藤村詩抄〉

  1. 新しい歌。

[補説]書名別項。→新声

文芸雑誌。明治29年(1896)、佐藤義亮が創刊。徳冨蘆花広津柳浪らが執筆し、新人投稿者の中には若山牧水前田夕暮などがいた。休刊・再刊をはさみつつ明治43年(1910)廃刊。→新潮