• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安前期の私撰和歌集。2巻。菅原道真の撰か。上巻は寛平5年(893)、下巻は延喜13年(913)成立。春・夏・秋・冬・恋の5部に分け、歌ごとに七言絶句の漢詩を配する。「寛平御時后宮歌合 (かんぴょうのおおんとききさいのみやのうたあわせ) 」などの歌を主な資料とする。菅家 (かんけ) 万葉集。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉