《「手 (た) 付 (つ) き」の意。「たつき」とも》

  1. 生活の手段。生計。

    1. 「此地に善き世渡の―あらば」〈鴎外舞姫

  1. 事をなすためのよりどころ。たより。よるべ。

    1. 「言ふすべの―もなきは我が身なりけり」〈・四〇七八〉

  1. ようす。状態。また、それを知る手がかり。

    1. 「世の中の繁き仮廬 (かりほ) に住み住みて至らむ国の―知らずも」〈・三八五〇〉

出典:青空文庫