たずき」に同じ。

「立ちて居て―を知らにむら肝 (きも) の心いさよひ」〈・二〇九二〉

出典:青空文庫