• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

漢代から魏・晋代にかけて盛行した鏡の一。中央の鈕 (ちゅう) を方格(方形の区画)が囲み、その外側にT・L・V字形の文様がある。この文様を定規とコンパスに見立てての名称で、四神や十二支を配したものが多い。TLV鏡。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉