• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

確固不動の真理に達するためにデカルトが用いた方法。偏見や謬見 (びゅうけん) 、あるいは真実らしく見えるが不確実なものなどをすべて疑うに足るものとして排し、この徹底した懐疑を通して「我思う、故に我在り」という哲学の第一原理に到達した。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉