1. はかりごと。計略。また、手だて。

  1. 古代の官吏登用試験の科目。律令制では秀才科の試験科目とされ、平安時代以後は、紀伝道の最終試験。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫