• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平林たい子の短編小説。昭和2年(1927)、雑誌「文芸戦線」に発表。自身の満州での出産と、生まれた赤ん坊の死に着想を得た作品。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉