• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
貧しい病人に薬を与え治療をした施設。養老7年(723)興福寺悲田院とともに創設されたという。のち、病人・捨て子などをも収容した。中世に衰亡するが、豊臣秀吉が再興。やくいん。
江戸時代、特に江戸の小石川養生所の異称。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉