• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荻原井泉水による俳論。大正12年(1923)刊。大正14年(1925)には続編も刊行された。