• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]旗のように穂が風になびいている薄。
    1. 「み雪降る安騎 (あき) の大野に―小竹 (しの) を押しなべ」〈・四五〉

[枕]薄の穂の意で、「穂」と同音をもつ「屠 (ほふ) る」などにかかる。
    1. 「大魚のきだ(=エラ)衝き別けて、―ほふり別けて」〈出雲国風土記