すでに発生したこと。

「―の災を救うの慈善」〈福沢福翁百話