• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《日の光の陰になる所の意》宮殿。

    1. 「高知るや天 (あめ) の御陰天知るや―の」〈・五二〉

  1. 日の神、すなわち天照大神 (あまてらすおおみかみ) の神徳。

    1. 「宮柱下つ岩根にしきたててつゆも曇らぬ―かな」〈新古今・神祇〉