• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日常坐臥の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

寝ているときも座っているときも。ふだん、いつでも。▽「坐臥」は座ることと寝ること。すなわち、起きているときも寝ているときもの意。「坐」は「座」とも書く。
句例
日常坐臥に念仏を唱える
用例
仏というアイディアを持っただけでは駄目だ、それが体験出来る様にならなくてはいけない、という事は、日常坐臥、己れの体験に即して仏を現さねばならぬ、創らねばならぬという事になる。<小林秀雄・私の人生観>
類語
常住坐臥じょうじゅうざが

日常坐臥の解説 - 学研 四字辞典熟語

毎日の生活のこと。また、いつも、普段ということ。
注記
「坐臥」は、座ることと寝ること。起きているときも寝ているときもいつもの意から。「坐」は、「座」とも書く。
類語
行住坐臥ぎょうじゅうざが 常住坐臥じょうじゅうざが

[言動を表す/立ち居振る舞い]カテゴリの四字熟語

キーワード[常時]の四字熟語