• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近隣の仲間が集まって特定の日に徹夜してこもり明かし、日の出を拝む行事。正月・5月・9月などに行われ、しだいに酒宴を伴うようになった。→月待ち

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉