• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本固有の方法で作られた刀剣の総称。軟らかい鉄を芯 (しん) (心鉄 (しんがね) )として硬い鋼 (はがね) (皮鉄 (かわがね) )で包む独特の鍛造法が用いられ、切れ味と造形的均整美にすぐれたものが多い。慶長(1596~1615)の初めごろまでのものを古刀、それ以後のものを新刀とよぶ。にっぽんとう。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:gooニュース