• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ふだん。平生。

「夜来、―に面目を新たにするものじゃ」〈漱石虞美人草