仏教の一宗派。鎌倉時代に日蓮が開いた。法華経所依 (しょえ) とし、南無妙法蓮華経題目を唱える実践を重んじ、折伏 (しゃくぶく) 摂受 (しょうじゅ) の二門を立て、現実における仏国土建設をめざす。のち、分派を形成。法華宗。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫