春になって、昼間が長く感じられること。また、その時節。「春の―」 春》「うら門のひとりでにあく―かな/一茶

出典:青空文庫