• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水星や金星などの内惑星が、地球と太陽の間を通過すること。地球上からは、太陽面を黒い円形の影が移動する様子が観測される。水星の場合、1世紀の間に13回から14回起きる。金星の場合、非常に頻度が少ないまれな現象であり、21世紀の前後数世紀においては、243年周期の中で8年の間隔を置いて2回対になって起きる。21世紀初頭では2004年と2012年、その後、2117年と2125年に起こることがわかっている。太陽面通過。太陽面経過。日面経過。