• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日高六郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1917~2018]社会学者。中国の生まれ。水俣病などの公害問題や安保闘争、ベトナム反戦運動などに積極的に関わり、日本の市民運動を牽引した。フロムの著作「自由からの逃走」の翻訳を手がけたことでも知られる。著作に「戦後思想を考える」など。

[社会/社会関係の人物]カテゴリの言葉