• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

旧態依然の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

昔のままで少しも進歩や発展がないさま。▽「旧態」は昔からの状態、ありさま。「依然」は前と変わらないさま。もとのとおりのさま。
句例
旧態依然とした方法、旧態依然たる態度
用例
庫裡くりも、家族も旧態依然として感じられるのに、自分ひとりが新鮮になっている。<丹羽文雄・菩提樹>
類語
十年一日じゅうねんいちじつ
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

旧態依然の解説 - 学研 四字辞典熟語

昔のままの状態で少しの変化もないさま。古くさいしきたりや状況が続き、進歩や発展がまったく見られないさま。
注記
「旧態」は、昔からの状態のこと。「依然」は、もとの通りのさま。あまりよくない意味で用いられる。
表記
「旧態」を「旧体」、「依然」を「以前」と書きちがえない。
類語
十年一日じゅうねんいちじつ
対義語
日進月歩にっしんげっぽ

旧態依然の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]もとのままで変化や進歩のないさま。「旧態依然とした生活ぶり」