《「あきしい」とも》「あきめくら1」に同じ。

「二つの眼―なり。観音に帰敬し…眼の闇を明かさむとす」〈霊異記・下〉

出典:青空文庫