• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

あてにならないものに期待するより、たとえ少なくても確実なものの方がよいということ。末の百両より今の五十両。聞いた百文より見た一文。